• ろ過器の用途分野と種類

    ろ過器とは液体から不純物を取り除くための装置です。

    飲料に使われる場合には浄水器とも呼ばれますが、仕組みとしては同じです。

    最新のろ過器の有益情報にあふれているサイトです。

    一般的に水道などで浄水される場合にはある程度の土砂を自然に沈殿させ、その上で濾過池でろ過し、さらに塩素などの薬剤を注入して供給されています。薬剤によって雑菌の繁殖を抑えることができるので安全な水を飲むことができますが、この薬剤は身体に良いものではありません。

    このため浄水器などを使うことで薬剤やまた水道管に付着したゴミなどをろ過することでより安全な水を飲むことができます。



    一方で水道以外で使われるものはろ過器と呼ばれます。ろ過器は飲料に適した水というよりも水槽などで魚を飼育するさいに綺麗な水を供給するために使われているものです。



    水槽では限られた空間に魚が存在し、魚が排泄する糞やまた食べかす、また藻や雑菌などが発生します。
    このような状態では水が汚れ水槽内の環境は悪化していきます。
    この水を循環させろ過器に通すことで汚れを取り除き環境を改善することができます。

    またろ過器では汚れや雑菌を取り除くことができるため、高い衛生環境が求められる分野でも使われています。
    井戸水の浄水の他にも海水をろ過し殺菌したものは魚介類の加工水として使うことができます。


    また中和機能が付いているものではペーハーを中和することで排水を下水に流せるレベルにまで改善することができますし、より高度なペーハーの調整ができるものは植物工場などにも使われます。